Sport Social Media 電動工具を使う時…どんなところに注意する?!

電動工具を使う時…どんなところに注意する?!


こんな場面で活躍する電動工具

数ミリほどの小ネジなら手回しのドライバーで十分ですが、止める箇所が多かったり長いネジを使うのであれば、ドリルドライバーで下穴を開けておくと楽です。勿論ダイレクトに電動工具を使っても良いのですが、下ごしらえや段取りといったところで、電動工具を使うと作業に無駄が出ません。また組み立てに限らず、分解などでネジを緩める時に使う方も多いと思います。電動工具は作る時だけではなく、それ以外の場面でも使用することができるのです。

まずは安価なモデルから

購入時に気をつけたいのがボルト数です。パワーがある電動工具ほど多機能で価格も高くなります。電動工具に使い慣れてる方は、工具の用途やコストについて妥当な判断ができますが、初心者のレベルでの見極めは難しいでしょう。電動工具に詳しくない、使い方が未だ分からないという方は、まずは安価なモデルを買って試してみるのがおすすめです。電動工具を買う時は、そのものについての知識も必要になります。

電動工具の使い方を伝授

「電動」と聞くと、何でも勝手にやってくれると思いがちですが、電動工具を使用する場合、プラスアルファとしてコツや技術が要ります。例えば、丸ノコはスライドさせた分、切ることができます。しかし、スライド時に手が揺れたり思わぬ方向へ力が加わったりすると、採寸通りにはいきません。そのためにあるのがソーガイドです。垂直なガイドに沿わせてスライドさせれば、ぶれずに直線を切ることができます。ジグソーで波の形を知りたければ、波形のガイドに沿わせます。電動と言ってもその機械を動かすのは人の手ですから、電動工具を使う時には、それに合わせた形に沿わせるのが一番です。

電動工具の買取は、店頭買取から出張買取、宅配買取があります。店頭持ち込みなら即金で払ってくれますし手数料も無料です。電動工具の他に大型機械も買い取ってくれる店舗もあります。