Sport Social Media オーディオの最重要パーツ、「アンプ」についてもっと知ろう!

オーディオの最重要パーツ、「アンプ」についてもっと知ろう!


アンプって一体何をする装置?

奥の深いオーディオの世界。マニアになると、電源や電力の品質にまで気を配る人もいるようです。

そんなオーディオの中でも一番重要なポジションを占めているのがスピーカー、そしてアンプではないでしょうか。今回は、オーディオマニアがこだわるアンプについてほんの少しご紹介してみたいと思います。

アンプとは、英語のアンプリファイヤー(Amplifier)、つまり音声の増幅を行ってスピーカーなどへ出力する装置のことをいいます。

一口にアンプといっても用途によってプリアンプや、パワーアンプ、プリメインアンプなどさまざまな種類があり、さらに方式によってA級、B級、C級などにクラスが分かれます。やっぱり、奥が深いですね!

オーディオアンプの品質を左右する、「増幅素子」とは

アンプの内部には音楽信号を増幅するための増幅回路が組み込まれていますが、その回路の素子によって、真空管、トランジスタ、ICといくつか種類があります。

トランジスタが登場する以前までは、真空管を増幅素子に使用したアンプが使われていました。真空管を使ったアンプの音はやわらかく、暖かみがあるので今でも真空管アンプを愛好しているオーディオマニアの人も少なくありません。デザイン的にもおしゃれなものが多いので、部屋のインテリアとして真空管アンプを選ぶ人もいるようですね。

アンプへのこだわりは、音へのこだわり

いかがでしたか?オーディオアンプについてほんの少しだけご紹介してみました。

アンプは音の品質や聞こえ方を決める重要な装置なので、マニアの人がこだわるのも分かるような気がします。中には自分で部品を買って、好みのアンプを自作してしまう人もいるようですね。

ぜひ一度、あなたもオーディオの世界を覗いてみてはいかがでしょうか。

オーディオの買取は「買取ショップが高評価を出す」ことが重要です。特に、正常に動くことと、外観です。出来るだけ『新品』に近く「どうしても売って欲しい」「売れる」と思ってもらえる外観に工夫しましょう。