Sport Social Media 大別して考えよう!車検費用とは一体何か?

大別して考えよう!車検費用とは一体何か?


車検を通すのに必須な法定費用

安全に走行できる車だけが公道を走っているようにするために国が制度を整えています。車検はその手続きの一つであり、一般の家庭用の普通車であれば二年に一度の周期で車検を通すことが必須です。この手続きを行う上で必ず払うことになる費用は法定費用と呼ばれています。自動車重量税は公道を走らせている限りは徴収される費用であり、車の重量などによって金額が異なっているのが特徴です。また、自賠責保険に加入することが求められているため、車検のタイミングで新たに入り直すことになります。その保険料も法定費用として理解されていて、車種によって金額が決まるのが特徴です。この他に法定費用としてかかるのが印紙代であり、法的に有効な書面手続きを行う上の費用として請求されています。

車検費用の残りは何か

車検を受けるときにかかる費用は法定費用だけではありません。法定費用以外にかかっている費用は車検を依頼した会社に対する手数料であり、車検を通すために行ってもらった仕事に対する報酬になっています。車検を通すために必要な検査を行う手数料に加えて、車検に通る状態にするための整備費用や整備に必要になった部品の費用がかかるのが基本です。普段から車の整備を徹底して行っている人は少ないことから、車検のタイミングで各所の整備を行ってくれることもよくあります。その費用も上乗せされていることが多く、車検費用がかさむ原因にもなっているのが実情です。しかし、安全に運転するためには必須と考えて整備が実施されています。

車検の料金の内訳は、検査の料金と法定費用です。そして不具合が見つかり整備が必要になったときには別の料金が発生します。